トップページ > 糖尿病性ニューロパチーからくるしびれ

糖尿病性ニューロパチーからくるしびれ

さまざまな病気に関連して起こる末梢神経障害の総称に、「ニューロパチー」という言葉があります。例えば糖尿病では多くの患者が神経障害の合併症を患いますが、中でもニューロパチーになるケースが多いのです。

 

糖尿病性ニューロパチーは早期に適切な治療を行えば改善できますが、治療が遅れて壊死が進行してしまうと下肢の切断が必要になってくることもあります。
以下に、糖尿病性ニューロパチーの原因と病態を分けてみましょう。

 

代謝性ニューロパチー
代謝障害を原因とし、手指・足指にしびれとぴりぴりとした痛みが現れるという初期症状があります。足のしびれと痛みは足首から膝、膝から腿へ、手のしびれと痛みは、次第に手首から肘、肘から肩へと移行します。

 

体の中心に向かって左右対称に進んでいくことから、靴下や手袋を身に着けるときをイメージして「ストッキング症候群」「グラブ症候群」と呼ぶこともあります。

 

虚血性ニューロパチー
小血管で起こる動脈硬化により虚血が生じ、神経栄養血管(神経に栄養を送り届ける血管)に栄養が届かなくなります。中でも「多発性単ニューロパチー」は、手足を通る神経が非対称に規則性なく障害となるものです。

 

手を通る正中神経をはじめ、動眼神経や外転神経などの単一神経で障害が起きる場合は、「単ニューロパチー」となります。多発性ニューロパチーの治療には、代謝障害を改善するために「アルドース還元薬(キネダック)」が処方されます。

 

虚血性ニューロパチーの治療には、しびれや痛みを解消するための薬剤治療、動脈硬化の改善治療が同時に処方されます。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 オーガニックシャンプーで髪にボリュームUP!おすすめランキング All Rights Reserved.